Member Login

Member Login

Username
Password *

Event Calendar

Calendar

Previous month Previous day Next day Next month
See by year See by month See by week See Today Search Jump to month
Thursday, May 31, 2018, 18:30 - 20:30

FCCJ COMMEMORATIVE EVENTS

APRIL 28TH: REBUILDING EDO CASTLE

MAY 31ST: SUPPER WITH THE SHOGUN

This year marks the 150th anniversary of the Meiji Restoration. The Special Projects Committee has organized two commemorative events: a lecture on the proposed rebuilding of Edo Jo - Tokyo Castle - and a supper party with Iehiro Tokugawa, son and heir of the present head of the Tokugawa Family who will one day succeed his father as the 19th in line since the great Ieyasu, founder of the dynasty.

1. REBUILDING EDO JO - TOKYO CASTLE - Saturday April 28th

London has Tower Bridge; Paris the Arc de Triomphe and New York has the Statue of Liberty. Tokyo lacks such an iconic symbol but this could change if the NPO established for organizing the reconstruction of the main tower of the Tokyo castle gets its way.

Two key persons from the NPO - Reconstruction Project of Edo Castle - will attend a luncheon meeting at the FCCJ on Saturday, April 28 to explain their plan to rebuild the 59 meter high fortress. They are Sukeaki Ota, former Tokyo Marine executive, NPO president and 18th descendant of Ota Dokan, builder of the first Edo castle. He will be accompanied by Masayuki Shimada, NPO chairman and former CEO of TV Tokyo.

After the presentation the group will move to Otemon at the Imperial Palace on foot or by Mita line from Hibiya to Nijubashi-mae for a site inspection, with well-known Tokyo walking guide Ryo Kuroda. The program should be over by around 15:00.

Presentation in Japanese with English interpretation. Ticket including lunch: 2,100 yen. Subway fare not included. Reserve at the Front Desk (03-3211-3161)

Cancellations after 6 p.m. Monday, April 23rd, will be charged in full.

Lunch will be served promptly at 12:00. Please be on time.

2. SUPPER WITH THE SHOGUN - Thursday May 31st

On Thursday, May 31st the Special Projects' committee is staging a dinner - Supper with the Shogun - starting at 6:30 pm. Guest speaker is Iehiro Tokugawa. Drinks can be ordered on a cash basis from the bar in the room. Charges are 2,100yen / 3,500yen (members / non-members) per person. The member price is applicable to members' guests.

Presentation in English. Reserve at the Front Desk (03-3211-3161)

Special Projects Committee

FCCJ明治150年記念企画
今年明治150年を迎えるにあたり特別企画委員会(SPC)は以下2つのイベントを企画しました。
4月28日 江戸城天守閣再建ドリームプロジェクトを聞き皇居東御苑天守台を見学する会
5月31日 徳川宗家第19代当主「江戸の遺伝子」を語る講演と食事会

1.ドリームプロジェクト江戸城天守閣再建プランを聞き、皇居東御苑天守台を見学する会 4月28日(土)12時~3時10分
東京にはパリの凱旋門、ロンドンのタワーブリッジ、ニューヨークの自由の女神に匹敵する日本の歴史と文化を象徴するモニュメントがない。江戸城天守閣を再建し、東京のシンボルタワーにしようという運動を展開しているNPO法人「江戸城天守閣を再建する会」のお二人の責任者からお話を伺い、終了後、皇居東御苑の天守台を見学します。
再建する会の島田昌幸理事長(元テレビ東京CEO)は、20階建てビルに相当する高さ59メートル(姫路城の約2倍、天守台14メートルを含む)の天守閣再建を一大国民運動に発展させ、約500億円とみられる事業計画を実現する道筋を語ります。
再建する会の太田資暁会長(太田道灌第18代子孫、元東京海上専務)は太田道灌が天然の要害の地に江戸城を築き、家康が平野の広さと海への近さに着目、一大都市を開発した歴史的背景とともに,精巧な復元図を基に、総ヒノキ造り、伝統的工法で外観5階建て(地下含むと6階建て)の天守閣の威容を説明します。
終了後、希望者は皇居南端の大手門に参集、太田資暁会長自ら、東御苑の大奥跡から天守台跡まで約70分かけてご案内いただきます。解散は3時10分ごろの予定。
説明は日本語(英語の通訳付き)。チケットは2,100円(皇居大手門までの移動経費は含みません)。
予約は3211-3161まで。4月23日午後6時以降のキャンセルはフルチャージとなります。
2.徳川宗家第19代当主徳川家広氏の講演「江戸の遺伝子」と食事会 5月31日(木)6時30分
明治維新から150年、徳川時代を見直そうという動きが盛んです。徳川幕府時代は鎖国政策で世界の発展から取り残されたという通念とは逆に、世界でも稀にみる長期間の平和と繁栄が達成されたことを改めて考えなおしてみようという試みの嚆矢となったのが、徳川宗家第18代当主の元日本郵船副社長の徳川恒孝(つねなり)徳川記念財団理事長(78)が2007年出版された「江戸の遺伝子―いまこそ見直されるべき日本人の知恵」(PHP刊)です。
恒孝氏の長男、宗家第19代当主となられる徳川家広徳川記念財団理事(53)は「江戸の遺伝子」を"The Edo Inheritance" (I-House Press, 2009) として翻訳出版されました。徳川家広氏から、吉宗が世界初の人口と資源の全国調査を実施、植林と不法伐採の禁止を打ち出し「質素倹約」の美徳を広め、完全自給自足経済を実現、持続可能な社会をいち早く構築したことなど、徳川幕府の優れた政策を解説していただきます。
家広氏は1992年国連食料農業機関(FAO)ローマ本部に入所、2001年帰国、翻訳家、著述業、政治社会評論家としてご活躍中です。
5月31日(木)
6:30 開始
6:45 デイナー
7:15 講演(英語、日本語通訳はありません)
チケットは会員2,100円/ゲスト3,500円、予約は3211-3161 フロント担当に
特別企画委員会

tokugawa_big2.jpg
Go to top