(英文の下に日本語の案内があります)


Louis Armstrong: Satchmo’s Spirit Lives on Forever is the story of respected jazz musician Louis Armstrong and the musicians Yoshio and Keiko Toyama, who fell in love with his music. So much so that they moved to Louisiana to be close to the home of Satchmo, the nickname given to the world-famous musician. 

Their book was published in 2021 in Japanese by Tosei-sha (冬青社). The co-authors will talk about their love of jazz and Satchmo, their jazz experiences for more than a half century and the secret of the deep popularity of jazz in Japan. They will also play some swinging jazz of Satchmo (and Disney) during this Book Break.

Driven by their admiration of Jazz and Satchmo since they were teenagers, the couple took an immigrant ship to New Orleans in 1967 and lived in Satchmo’s neighborhood for five years, studying with jazz pioneers. Yoshio is now known in New Orleans as “the Satchmo of Japan” for his ability to imitate Armstrong’s voice and tone.

He and Keiko, a piano and banjo player, have been playing Satchmo and New Orleans’ music for over half a century in Japan, including 23 years at New Orleans Square in Tokyo Disneyland. Their latest CD was just released in August.

Doors open at 6:00 pm. Dinner is served from 6:10 pm. The presentation starts from 7:00 pm.

Menu: Salad/ Duck Thigh Confit with Marron Cognac Sauce/ Berry and Chocolate Cake with Raspberry Sauce with One Drink. Book Break charges are 3,000 yen/ 4,000 yen (members/ non-members) per person.

FCCJ members can sign up at the reception desk. Reservations cancelled less than 72 hours in advance will be charged in full.

Non-members can reserve at the reception desk by email (front@fccj.or.jp). Payment is in advance till Friday, October 8th, 2021. No refund is available unless the event is cancelled by FCCJ. 

Online attendance (via Zoom) is available at 550 yen per person. Please indicate the intention to attend online when signing up. Details on how to join online will be sent to individual emails after their reservations are confirmed. 

Attendees with food restriction should inform the reception desk (front@fccj.or.jp) three days before the event. We kindly ask for your cooperation with Covid-19 prevention measures at the reception and to wear a mask in the premises. Thank you.

(The talk will be in English)

 

 

「ルイ・アームストロング 生誕120年 没50年に捧ぐ」(2021年、冬青社)は、ジャズの巨匠アームストロングとその音楽を愛してやまないジャズ・ミュージシャン、外山喜雄・恵子夫妻の物語である。「サッチモ」(アームストロングの愛称)に憧れるあまり、二人は、サッチモの故郷ニューオーリンズがあるルイジアナ州に移住を決意した。

Book Breakでは、共著者である二人が、ジャズとサッチモへの熱い想いを語るとともに、半世紀以上にわたるジャズ・ミュージシャンの経験、そして日本におけるジャズの奥深い人気の秘密について解説する。サッチモのスイングジャズ(そしてディスニー楽曲)のバンド演奏も予定されている。

10代の頃からジャズとサッチモに憧れた二人は、1967年、移民船でニューオーリンズに渡った。それから5年間、地元のパイオニアたちからジャズの手ほどきを受け、喜雄は、アームストロングそっくりの声色と調子から、ニューオーリンズで「日本のサッチモ」として知られる。日本では、恵子(ピアノ、バンジョー奏者)とともに、半世紀以上にわたり、サッチモとニューオーリンズの音楽を演奏。そのうちの23年間は、東京ディズニーランドのニューオーリンズ・スクエアで演奏してきた。今年8月に、最新アルバム(CD)をリリースしたばかりである。

[開場時間] 午後6時00分 (自由席) [閉会時間] 午後8時半 
[お食事の開始時間] 午後6時10分頃

[料金]

会員 3,000円(税込み、セットディナー (Salad/ Duck Thigh/ Confit with Marron Cognac Sauce/ Berry and Chocolate Cake with Raspberry Sauce) コーヒーまたは紅茶、1ドリンク付)
一般 4,000円(同上)

オンライン(会員・一般)550円(税込み)                                             

[予約方法]
会員:お申し込みは今すぐフロントへお電話または、オンラインでお願いいたします。お食事の準備のため、お早目のご予約をお願いいたします。
一般のお客様:フロント宛てにメールをお送りください。(メールアドレス front@fccj.or.jp) ご予約及びお支払いは10月8日(金)までにお願いいたします。
オンライン:オンラインで参加をご希望である旨、フロントデスクにメールでお知らせください。参加方法の詳細をお送りいたします。

開催時間72時間前からキャンセル料は全額になります。当協会側の理由によるキャンセルを除き払戻は致しかねます。

ベジタリアンやアレルギーなどお食事制限のある方は、開催日3日前までにフロント(front@fccj.or.jp)にお知らせください。

新型コロナウイルス対策として、エントランスでの検温にご協力ください。手指の消毒もお願いいたします。マスクの着用もお願いいたします。

(使用言語:英語)